芸能人・経営者のおくやみ情報

フランシスコ・ザビエルFrancis Xavier

カトリック教会宣教師[スペイン]

(ユリウス暦) 1552年 12月3日 死去享年47歳

フランシスコ・ザビエル - ウィキペディアより引用

フランシスコ・デ・ザビエル(スペイン語: Francisco de Xavier または Francisco de Jasso y Azpilicueta, 1506年頃4月7日 - 1552年12月3日)は、ナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭、宣教師。
イエズス会の創設メンバーの1人。
バスク人。
ポルトガル王ジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、その後1549年に日本に初めてキリスト教を伝えたことで特に有名である。
また、日本やインドなどで宣教を行い、聖パウロを超えるほど多くの人々をキリスト教信仰に導いたといわれている。
カトリック教会の聖人で、記念日は12月3日。
名前について 生家のハビエル城はナバラ王国のハビエルに位置し、バスク語で「新しい家」を意味するエチェベリ(家〈etxe〉+ 新しい〈berria〉)のイベロ・ロマンス風訛りである。
フランシスコの姓はこの町に由来する。
この姓はChavierやXabierreなどとも綴られることもある。
Xavierはポルトガル語であり、発音はシャヴィエル。
当時のカスティーリャ語でも同じ綴りで、発音はシャビエルであったと推定される。

【Francisco de Xavier】 日本にカトリックをもたらしたイエズス会の創立メンバーの一人で伝道者(1506年-52年)。1537年ベネチアで叙階。1541年、東洋での布教を目指して旅立つ。当時の日本は、中国仏教の影響下にあったため、中国での宣教が先と判断し中国へ渡るが、1542年中国の上川島で病気のため帰天する。記念日は12月3日*1 ロヨラとともにバスク人である。 *1:一般ローマ暦では義務の記念日であるが、日本では祝日として祝う許可を受けている。 (引用元 Hatena Keyword)