芸能人・経営者のおくやみ情報

北村透谷(きたむらとうこく)

詩人、文芸評論家[日本]

1894年 5月16日 死去自殺享年27歳

北村透谷 - ウィキペディアより引用

北村 透谷(きたむら とうこく、1868年12月29日(明治元年11月16日) - 1894年(明治27年)5月16日)は、日本の評論家・詩人。
明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。
相模国足柄下郡小田原で没落士族の家に生まれた。
本名は北村門太郎。
両親とともに上京し、東京の数寄屋橋近くの泰明小学校に通った(のちの筆名・透谷は「すきや」をもじったもの)。
1883年、東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科に入学(東京専門学校には、1886年(明治19年)頃まで籍を置いていたとされるが、卒業はしていない)。
自由民権運動に参加したが、運動は次第に閉塞してゆく時期であり、大阪事件の際同志から活動資金を得るため強盗をするという計画を打ち明けられ勧誘され絶望し、運動を離れた。
1888年、数寄屋橋教会(現・日本基督教団巣鴨教会)で洗礼を受けた。
同年、石坂昌孝の娘、石坂ミナと結婚。
その後、アメリカ・クリスチャン教会からD・F・ジョーンズ宣教師の通訳として麻布教会(現・日本基督教団聖ヶ丘教会)へ通う。

  • 題名
    二人囃子
    歌手
    琵琶デュオBiwaDuo
    発売元
    Studio Wee
    発売日
    2017年2月11日
    新品価格
    ¥ 2,359 より
    中古商品
    ¥ 2,368 より

きたむらとうこく [生]明治1(1868).11.16.小田原[没]1894.5.16.東京詩人,評論家。本名,門太郎。東京専門学校中退。自由民権運動からキリスト教に転じ受洗,1889年創立の日本平和会に参加して絶対的平和主義の運動を行なった。しかし彼の本質は革命的ロマン主義であり,85年の大阪事件とのかかわりをうたった『楚囚之詩』(1889)や,壮大な宇宙感覚に終末観,厭世観をこめた劇詩『蓬莱曲』(91),あるいは恋愛の純粋性を述べた評論『厭世詩家と女性』(92)などで現実を変革するばねとしての「想世界」への憧憬を示した。島崎藤村,平田禿木,戸川秋骨らと93年に創刊した『文学界』の指導理論家として,日本の初期浪漫主義運動を展開,現実の厚い壁に敗れて縊死をとげたが,自我の確立と精神の自由を説くその思想は,いまなお大きな意義をもっている。 (引用元 コトバンク)