芸能人・経営者のおくやみ情報

金田一春彦 氏(きんだいちはるひこ)

国語学者言語学者[日本]

2004年 5月19日 死去享年92歳

金田一 春彦(きんだいち はるひこ、1913年4月3日 - 2004年5月19日)は、日本の言語学者、国語学者。
国語辞典などの編纂、日本語の方言における研究でよく知られている。
文学博士(東京大学、1962年)。
栄典は瑞宝重光章・勲三等旭日中綬章・紫綬褒章。
その他の表彰歴として文化功労者、東京都名誉都民など。
父の金田一京助も言語学者で東京帝大教授。
長男の金田一真澄はロシア語学者で慶應義塾大学教授、次男の金田一秀穂は日本語教師で杏林大学外国語学部教授、長女の美奈子はゴルフ関係のライター。
父・京助の従姉妹の夫に実業家の金田一国士。
主な業績 それまで中国本国でも不明になっていた中国語の四声の具体的内容を明らかにし、それによって『類聚名義抄』から契沖や本居宣長に至る文献の四声を解釈し、平安時代から現代に至る京都語のアクセントの時代的変化を明らかにした。

きんだいちはるひこ [生]1913.4.3.東京[没]2004.5.19.山梨国語学者。言語学者金田一京助の長男。旧制高校時代音楽に興味をもち一時作曲家を志したが,断念して東京帝国大学国文科に進学,音楽修業中に興味をもった日本語のアクセントについて研究する。名古屋大学,東京外国語大学,上智大学などで教鞭をとりながら,おもに日本語の音韻について研究を続け,アクセントの歴史的変化の分析や体系化,方言の調査分析と系統化などで業績を残す。こうした研究が実際に犯罪捜査で参考にされたことなどがあって,その人柄とともに研究,著作が学術界にとどまらず広く一般に知られた。邦楽や童謡についても造詣が深く,平曲の研究家として平家琵琶の譜の読み方,奏法,歴史などを解明。童謡や唱歌の普及にも尽力した。おもな著作に『日本語』(1957),『日本語音韻の研究』(1967),『国語アクセントの史的研究原理と方法』(1974),『日本語方言の研究』(1977),『十五夜お月さん-本居長世人と作品』(1983。芸術選奨文部大臣賞,毎日出版文化賞受賞),『平曲考』(1997),などがある。また,『国語大辞典』,『新明解国語辞典』,『日本語大百科事典』など多数の辞書の編纂にも携わった。国語学会代表理事,国語審議会委員,NHK放送文化研究所用語委員などを歴任。1997年文化功労者。 (引用元 コトバンク)