芸能人・経営者のおくやみ情報

大倉喜八郎(おおくらきはちろう)

実業家、男爵[日本]

1928年 4月22日 死去大腸がん享年92歳

大倉喜八郎 - ウィキペディアより引用

大倉 喜八郎(おおくら きはちろう、天保8年9月24日(1837年10月23日) - 昭和3年(1928年)4月22日)は、明治・大正期に貿易、建設、化学、製鉄、繊維、食品などの企業を数多く興した日本の実業家、中堅財閥である大倉財閥の設立者。
渋沢栄一らと共に、鹿鳴館、帝国ホテル、帝国劇場などを設立。
東京経済大学の前身である大倉商業学校の創設者でもある。
従三位男爵。
号は鶴彦。
生涯 生い立ち 天保8年(1837年)9月24日、越後国蒲原郡新発田町(現新潟県新発田市)の下町に父・千之助、母・千勢子の三男として生まれる。
幼名は鶴吉。
23歳の時に尊敬していた祖父の通称・喜八郎から名を取り、喜八郎と改名。
大倉家は喜八郎の高祖父の代より新発田の聖籠山麓の別業村で農業を営むが、曽祖父・宇一郎(初代定七)の時、兄に田地を返し、商いで生計を立てる。
祖父・卯一郎(2代目定七)の時に、薬種・砂糖・錦・塩などで大きな利益を得、質店を営み始める。
この頃より藩侯への拝謁を許されるようになる。
父・千之助(4代目定七)は天保の大飢饉で米倉を開き窮民に施すなどの経緯から藩主から検断役を命じられた家柄であったとされる。

実業家、大倉財閥創業者 天保8年9月24日(1837年10月23日)、生まれ。昭和3年(1928年)4月22日、死去。92歳だった。 (越後)新潟県出身。大倉喜七郎は長男。 江戸で銃砲店を開業し、戊辰戦争で新政府軍に武器を売った。 明治6年、大倉組商会を設立。 大正期には大倉財閥の体制を確立した。東京電灯、大日本麦酒、帝国ホテルなど多くの会社設立に関与。大倉商業学校(現東京経済大学)を創設した。 (引用元 Hatena Keyword)