芸能人・経営者のおくやみ情報

渋沢栄一(しぶさわえいいち)

幕臣、大蔵官僚、実業家、子爵[日本]

1931年 11月11日 死去直腸がん享年91歳

渋沢栄一 - ウィキペディアより引用

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、天保11年2月13日(1840年3月16日) - 昭和6年(1931年)11月11日)は、江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。
第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、日本資本主義の父といわれる。
理化学研究所の創設者でもある。
正二位勲一等子爵。
雅号に青淵(せいえん)。
生い立ち 天保11年(1840年)2月13日、武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)に父・渋沢市郎右衛門元助、母・エイの長男として生まれた。
幼名は栄二郎。
のちに、栄一郎、篤太夫、篤太郎。
渋沢成一郎は従兄。
渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕を兼営し米、麦、野菜の生産も手がける豪農だった。
原料の買い入れと販売を担うため、一般的な農家と異なり、常に算盤をはじく商業的な才覚が求められた。
市三郎も父と共に信州や上州まで藍を売り歩き、藍葉を仕入れる作業も行った。
14歳の時からは単身で藍葉の仕入れに出かけるようになり、この時の経験がヨーロッパ時代の経済システムを吸収しやすい素地を作り出し、後の現実的な合理主義思想につながったといわれる。

澀澤榮一。 第一銀行などの創設者、渋沢敬三の祖父。 天保11年(1840年)、現在の深谷市血洗島(ちあらいじま)の農家に生まれた。尊皇攘夷運動に加わわるも、後に一橋家および幕府に仕え、慶応3年(1867年)、第15代将軍徳川慶喜の名代徳川昭武に随行して渡欧。約1年滞在し、ヨーロッパの進んだ思想・文化・社会に大きな影響を受けたと言われる。 明治元年11月(1868年)に帰国した後、大隈重信の説得により明治新政府の大蔵省に仕え、財政の整備に当ったが、大久保利通らと財政運営で意見が合わず辞職。以後は一般社会で実業界の最高指導者として活躍した。「論語」の精神を重んじ「道徳経済合一説」(どうとくけいざいごういつせつ)を唱え、各種産業の育成と多くの近代企業の確立に努め、第一国立銀行創立をはじめ設立に関わった企業は500余に及んだ。 (引用元 Hatena Keyword)