訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

三枝和子 氏(さえぐさかずこ)

作家[日本]

2003年 4月24日 死去享年75歳

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は日本の小説家。
兵庫県神戸市出身。
夫は文芸評論家の森川達也。
旧姓四本。
1948年、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、50年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。
51年中退、森川(本名三枝)と結婚。
中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。
63年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。
68年、『鏡のなかの闇』を刊行、69年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。
その後も多くの作品を発表したが、1988年以降は、平安朝の女性文学者、古代の女性などを主人公とする歴史小説を多く書いた。
ほかに「響子」シリーズがある。
また1991年刊行の『恋愛小説の陥穽』では、まだあまり例がなかったフェミニズム文学批評を実践した。
受賞歴 1963年 『葬送の朝』で第2回文藝賞佳作 1969年 『処刑が行われている』で第10回田村俊子賞 1983年 『鬼どもの夜は深い』で第11回泉鏡花文学賞 2000年 『薬子の京』で第10回紫式部文学賞 著書 鏡のなかの闇 審美社, 1968 処刑が行なわれている 審美社, 1969 死面の割れ目(1970年、新潮社) 八月の修羅(1972年、角川書店) 都市--その昏い部分 審美社, 1972 物語の消滅 審美社, 1972 乱反射 新潮社, 1973 珈琲館木曜社 集英社, 1973 夏から秋の光の中へ 角川書店, 1976 詩人と娼婦と赤ん坊 新潮社, 1976 恋愛小説  新潮社, 1978 月の飛ぶ村 新潮社, 1979 野守の鏡 集英社, 1980 思いがけず風の蝶 冬樹社, 1980 隅田川原 集英社, 1982 丹波夜能 中央公論社, 1983 鬼どもの夜は深い(1983年、新潮社) さよなら男の時代 人文書院, 1984 崩壊告知 新潮社, 1985 花蔵院日記 雪華社, 1985 半満月な ……