芸能人・経営者のおくやみ情報

梶山静六 氏(かじやませいろく)

政治家[日本]

2000年 6月6日 死去閉塞性黄疸享年75歳

梶山 静六(かじやま せいろく、1926年3月27日 - 2000年6月6日)は、日本の政治家。
衆議院議員(9期)、自治大臣(第36代)、国家公安委員会委員長(第46代)、通産大臣(第51代)、法務大臣(第52代)、自由民主党国会対策委員長(第35代、37代)、自由民主党幹事長(第29代)、内閣官房長官(第60代、第61代)を歴任した。
位階勲等は正三位勲一等。
竹下派七奉行の1人に数えられる。
来歴・人物 県議会議員 茨城県出身。
茨城県立太田中学校(現茨城県立太田第一高等学校)、陸軍予科士官学校、陸軍航空士官学校(59期・軍曹)卒業後、日本大学工学部土木工学科卒業。
家業の石材業を継ぐ。
1955年に茨城県議会議員選挙に当選。
初当選から暫く後の1958年総選挙では、川崎三蔵派の運動員として買収に関わったとして逮捕。
起訴されるが弁護側の証人だった川崎の秘書が、「買収したのは自分で梶山は無関係」と証言したことで無罪となった。
1966年に県議会議長選挙をめぐる黒い霧事件が表面化した際にも、逮捕された外岡佐近県議が「梶山から現金を貰った」と証言したことから梶山も取り調べを受けた。