芸能人・経営者のおくやみ情報

徳川慶喜(とくがわよしのぶ)

江戸幕府将軍、一橋徳川家当主、政治家、伯爵[日本]

1913年 11月22日 死去感冒享年77歳

徳川慶喜 - ウィキペディアより引用

徳川 慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府第15代征夷大将軍(在職:慶応3年(1867年) ‐ 慶応4年(1868年))。
江戸幕府最後の将軍であり、歴史上征夷大将軍に任じられた最後の人物。
御三卿一橋徳川家の第9代当主として将軍後見職・禁裏御守衛総督など要職を務めた後に徳川宗家を相続、第15代将軍に就任。
大政奉還や新政府軍への江戸開城を行なった。
明治維新後に従一位勲一等公爵、貴族院議員。
生涯 幼年期 天保8年(1837年)9月29日、江戸・小石川の水戸藩邸にて第9代藩主・徳川斉昭の七男として生まれた。
母は正室・吉子女王幼名は松平七郎麻呂(まつだいら しちろうまろ)。
慶喜は、2代感化され水戸光圀、嫡子以外の男子は国許(水戸)で教育するという斉昭の教育方針に則り、天保9年(1838年)4月(生後7ヶ月)に江戸から水戸に移り、弘化4年(1847年)8月に幕府から一橋徳川家相続の含みで江戸出府を命じられるまで、9年間を同地で過ごした。

最後の征夷大将軍。 水戸藩主徳川斉昭の七男。母は、有栖川宮織仁親王の娘・登美宮吉子。 一橋家の養子となる。 14代将軍の座を紀州藩主の徳川家茂と争って敗れたが、家茂の急死に伴い15代将軍となった。 しかし就任時には幕府の命運は尽きかけており、幕府の滅亡は避けられないものと観念したのだろうか、大政奉還を行い、将軍職を辞した。ここに江戸幕府は滅亡することとなった。 徳川宗家を田安亀之助(徳川家達)に譲って静岡で謹慎。謹慎解除後もそのまま静岡に留まり、写真などの趣味の世界に没頭する生活を送った。 1897年に上京すると、翌年明治天皇に拝謁。1902年には公爵を授けられるなど名誉回復を果たしている。 (引用元 Hatena Keyword)