芸能人・経営者のおくやみ情報

ダーク・ボガード 氏Dirk Bogarde

俳優[イギリス]

1999年 5月8日 死去心臓発作享年79歳

ダーク・ボガード - ウィキペディアより引用

ダーク・ボガード(Sir Derek Jules Gaspard Ulric Niven van den Bogaerde ,Dirk Bogarde, 1921年3月28日 - 1999年5月8日)はイギリス・ロンドン・ハムステッド出身の俳優、作家。
本名、デレク・ファン・デン・ボガール。
父親はオランダ人でタイムズの編集者、母親は元女優・マーガレット・リーヴェン。
美術学校で舞台美術などを学び、1939年にはロンドンの舞台で裏方として働いていた。
ある時、俳優の一人が急遽出演出来なくなったため代役として舞台に立って俳優としてのキャリアをスタートさせた。
しかし同年、第二次世界大戦に従軍、ベルゲン・ベルゼン強制収容所に辿り着いた最初の連合国将校の一人でもあった。
また公式命令により戦争画を描き、そのうち二点は大英博物館に保存されているという。
大戦終了後の1947年に再び俳優として活動を始め、舞台出演が高い評価を得て、同年映画デビュー。
以降イギリスを代表する名優として活躍した。
1963年の『召使』と1965年の『ダーリング』で英国アカデミー賞を受賞。

Dirk Bogarde 俳優。 1918年ロンドン生まれ  この俳優には、童顔のくせに目の奥は教養と臆病さと不信感、動揺が神経質そうに入り雑じっている、といった印象が何となくある。  ヴィスコンティの「ベニスに死す」では有名作曲家、同じ監督による「地獄に堕ちた勇者ども」では財閥の縁戚、「愛の嵐」ではナチスの残党の役、と言うと、いずれの人物たちも浮き世離れした境遇かもしれない。が、彼の控えめで生真面目そう、という持ち味によりこれらの人物たちの苦悩が、我々にも身近で等身大のものとなって投げかけられるのだ。  2000年死去。 (引用元 Hatena Keyword)