訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

坊屋三郎 氏(ぼうやさぶろう)

タレント俳優[日本]

2002年 5月25日 死去心不全享年93歳

坊屋三郎 - ウィキペディアより引用
坊屋 三郎(ぼうや さぶろう、本名:柴田俊英、1910年3月28日 - 2002年5月25日)は、日本の芸人、俳優。
北海道夕張市出身。
来歴・人物 出生時の氏名は石川博、生後数ヶ月で寺へ養子に出され、柴田俊英と改名。
北海道立夕張中学校を経て日本大学の当時あった宗教学部に進学するも、専門部の夜間の芸術学科(現在の日本大学藝術学部の前身)に転部して声楽を学ぶ。
吉本興業(東京吉本)に入り、1937年に弟の芝利英・川田義雄(第二期は山茶花究)・益田喜頓(北海中学の同級生)とボーイズ演芸のあきれたぼういずを結成。
1939年、東宝の「ロッパの大久保彦左衛門」で銀幕デビュー。
あきれたぼういずの一員として戦前は一世を風靡する人気を得た。
戦後にグループを再結成するが1951年に解散し、以降は舞台・映画で活躍。
日本映画黄金時代とされる1950年代にプログラムピクチャーとして多作された喜劇映画を中心に多数出演した。
1974年には松下電器(現:パナソニック)「クイントリックス」のテレビCMでの外国人との掛け合いセリフ「クィントリックス!!英語でやってごらんよ。

「坊屋三郎」と関連する人物(故人)