芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリヒ・マン 氏Luiz Heinrich Mann

作家[東ドイツ]

1950年 3月11日 死去享年80歳

ハインリヒ・マン - ウィキペディアより引用

ルイス・ハインリヒ・マン(Luiz Heinrich Mann, 1871年3月27日 - 1950年3月11日)は、ドイツの作家、評論家。
弟にやはり作家であるトーマス・マンがいる。
生涯 ハンザ同盟都市であるリューベックに、裕福な穀物商で船主の長男として生まれ育った。
少年時代から作家を志し、内外の文学を読みふけっていた。
1889年に高校を卒業してドレスデンで書店員となり、この頃から小説を書き始めた。
1890年にベルリンに出て、フィッシャー書店に勤め、ベルリン大学で哲学と文献学の講義を受けた。
1891年に父が死去し、母と子供たちはミュンヘンに移り住んだ。
ハインリヒは父の遺産によって、フランスを経てイタリアに赴き、フィレンツェに住んで画家を志したが、1895年に弟のトーマスがやって来るとローマ、パレストリーナで数か月を過ごし、文学への関心を高め、1896年にかけて雑誌『二十世紀』を刊行した。

Heinrich Mann ドイツの小説家。 1871年3月27日、生まれ。1950年3月12日、死去。 トーマス・マンは弟。 (引用元 Hatena Keyword)

「ハインリヒ・マン」と関連する人物(故人)