芸能人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・エンゲルErnst Engel

統計学者[ドイツ]

1896年 12月8日 死去享年76歳

エルンスト・エンゲル - ウィキペディアより引用
『エンゲル係数』より : エルンスト・エンゲル(Ernst Engel, 1821年3月26日 - 1896年12月8日)は、社会統計を体系化したドイツの統計学者、経済学者。
ドイツのドレスデンの生まれ。
プロイセン王国の統計局長官となり、官庁統計を整備し、統計教育に努めた。
家計の中でしめる食費の割合(エンゲル係数という)が貧富の階層差に密接に関連することを指摘した。
「エンゲルの法則」で有名。
著書『人間の価値』『ベルギー労働者家族の生活費』など。