訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

林家染丸 氏(はやしやそめまる)

落語家・3代目[日本]

1968年 6月15日 死去肝臓がん享年63歳

林家染丸(はやしや そめまる)は、上方落語の名跡。
現在は上方林家の事実上の止め名。
当代は4代目。
初代・2代目と卯年の生まれであったため、代々うさぎ(ぬの字うさぎ)を定紋としている。
なお、3代目桂文三が2代目染丸を名乗っていた時期があったが、短期間であったため、現在は代数に数えられていない。
初代 初代 林家染丸(天保・弘化時代 - 1877年前後)は、明治中期に活躍した。
初代林家菊丸門下。
染物職人であったことから染丸を名乗る。
手が染料で染まったまま高座に上がっていたという。
滑稽噺が得意でその間に挟む人情噺も上手かったという。
兄弟弟子の2代目林家菊丸と合作した大津絵節も存在するから音曲も得意だったようだ。
1874年頃に浅尾新七となるが1875年頃に染丸に戻って1877年前後に没したという。
没後追善興行が行なわれ、石碑を建てられた。
本名、享年とも不詳。
2代目 2代目 林家染丸(1867年2月12日(慶応3年1月8日) - 1952年(昭和27年)11月11日)は、本名: 岡本仁三郎。