芸能人・経営者のおくやみ情報

アルトゥーロ・トスカニーニ 氏Arturo Toscanini

指揮者[イタリア]

1957年 1月16日 死去享年91歳

アルトゥーロ・トスカニーニ - ウィキペディアより引用
アルトゥーロ・トスカニーニ(Arturo Toscanini, 1867年3月25日 - 1957年1月16日)は、イタリア出身の指揮者。
1867年 3月25日、イタリア北部の町パルマのオルトレトレンテ(労働者階級が住む地域)ボルゴ・サン・ジャコモ(現ボルゴ・ロドルフォ・タンツィ)13番で生まれる。
父クラウディオは仕立屋。
母パオラ(パオリーナ、旧姓はモンターニ)は裁縫師。
アルトゥーロは第1子で、唯一の男児。
(子供は計4名。
) 1871年 初めて歌劇場に連れて行かれ「仮面舞踏会」を聴く。
1876年 パルマ王立音楽学校に入学。
当初は通学生。
後に寮生となる。
1885年 9年間の厳しい教育の後、チェロと作曲で最高の栄誉を得て首席で卒業。
(ピアノも最高点。
)巡業歌劇団と首席チェロ奏者・副合唱指揮者の契約を結ぶ。
18歳の若者にとってこれは名誉な事であった。
1886年 6月30日、歌劇団のブラジル リオ・デ・ジャネイロ公演において、ヴェルディの「アイーダ」の指揮者として突然デビューすることとなる。