訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

本多光太郎 氏(ほんだこうたろう)

物理学者、金属工学者[日本]

1954年 2月12日 死去享年85歳

本多光太郎 - ウィキペディアより引用
本多 光太郎(ほんだ こうたろう、1870年3月24日(明治3年2月23日) - 1954年(昭和29年)2月12日)は物理学者、金属工学者(冶金学者)。
鉄鋼及び金属に関する冶金学・材料物性学の研究を、日本はもとより世界に先駆けて創始した。
磁性鋼であるKS鋼、新KS鋼の発明者として知られる。
文化勲章受章者。
文化功労者。
「鉄の神様」「鉄鋼の父」などとも呼ばれ鉄鋼の世界的権威者として知られる。
生前、1932年に日本人初のノーベル物理学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。
生涯 ※日付は1872年までは旧暦。
1870年(明治3年)2月23日、三河国(翌1871年より愛知県碧海郡矢作町、現岡崎市となる)生まれ。
1881年(明治14年)、桑子尋常小学校卒業。
1885年(明治18年)、随念寺高等小学校卒業。
1887年(明治20年)、上京、大学予備門に入学。
1889年(明治22年)、第一高等中学校入学。
1894年(明治27年)、東京帝国大学理科大学物理学科入学。
1897年(明治30年)7月10日、東京帝国大学理科大学物理学科卒業。

「本多光太郎」と関連する人物(故人)