訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

下田歌子(しもだうたこ)

教育者、歌人[日本]

1936年 10月8日 死去肺炎享年83歳

下田歌子 - ウィキペディアより引用
下田 歌子(しもだ うたこ、出生名:平尾 鉐(ひらお・せき)、安政元年8月9日(1854年9月30日) - 昭和11年(1936年)10月8日)は、日本の明治から大正期にかけて活躍した教育者・歌人。
女子教育の先覚者。
美濃国恵那郡岩村(現在の岐阜県恵那市)出身。
岩村藩士の家に生まれる。
幕末に勤王派の藩士だった父は蟄居謹慎を命じられるが、苦難の中、鉐は祖母から読み書きを習い、5歳で俳句と漢詩を詠み、和歌を作るなど神童ぶりを発揮した。
書物を読んで善い事だと思うと、すぐに行動にうつす事も多かった。
『二十四考』という親孝行を書いた書籍に両親が蚊に刺されるのを防ぐため、自分が裸になって蚊を引き寄せたという内容があり、それを実際にやったという。
元号が明治になり祖父と父は新政府の招聘を受けて東京に出るが、17歳になった鉐もその後を追って上京。
そのとき、故郷の国境、三国山の峠で「綾錦着て帰らずは三国山 またふたたびは越えじとぞ思ふ」という歌を詠んでいる。
明治5年(1872年)、女官に抜擢され宮中へ出仕する。
武家の子として身に付けた礼儀作法や、儒学者の祖父仕込みの学識、和歌の才能で皇后・美子から寵愛され「歌子」の名を賜る。