芸能人・経営者のおくやみ情報

猿橋勝子 氏(さるはしかつこ)

地球科学者[日本]

2007年 9月29日 死去間質性肺炎享年88歳

猿橋 勝子(さるはし かつこ、1920年3月22日 - 2007年9月29日)は日本の地球科学者である。
専門は地球化学。
海洋放射能の研究などで評価された。
東邦大学理事・客員教授を歴任。
東京生まれ。
東京府立第六高等女学校(現・東京都立三田高等学校)を経て、帝国女子理学専門学校(現・東邦大学理学部)を卒業。
中央気象台研究部(現・気象庁気象研究所)で三宅泰雄の指導を受けた。
1954年のビキニ事件におけるいわゆる「死の灰」による大気・海洋汚染の研究以後、三宅と大気及び海洋の放射能汚染の調査研究を行い評価された。
1957年 東京大学 理学博士 「天然水中の炭酸物質の行動について」。
1958年に設立された「日本婦人科学者の会」の創立者のひとり。
1980年、女性で初めて日本学術会議会員に選ばれる。
「女性科学者に明るい未来をの会」を設立。
翌1981年、エイボン女性大賞を受賞。
1985年、「放射性及び親生元素の海洋化学的研究」によって日本地球化学協会から第13回三宅賞を受賞。
1993年、「長年の海水化学の進歩への貢献」によって日本海水学会から田中賞(功労賞)を受賞。

地球化学者。 1920年(大正9年)3月22日、生まれ。2007年(平成19年)9月29日、死去。 「女性科学者に明るい未来をの会」専務理事を務め、毎年優れた女性科学者に贈られる「猿橋賞」の由来となった人物。 (引用元 Hatena Keyword)

「猿橋勝子」と関連する人物(故人)