芸能人・経営者のおくやみ情報

秦佐八郎(はたさはちろう)

細菌学者[日本]

1938年 11月22日 死去脳軟化症享年66歳

秦佐八郎 - ウィキペディアより引用

秦 佐八郎(はた さはちろう、1873年3月23日 - 1938年11月22日)は島根県美濃郡都茂村(現益田市)出身の細菌学者。
学位は医学博士。
当時難病であった梅毒の特効薬サルヴァルサン(砒素化合物製剤606号)をドイツのパウル・エールリヒ(1908年ノーベル生理学・医学賞受賞)と共に開発し、多くの患者を救ったことで知られる。
生前、1911年にノーベル化学賞と1912年・1913年にノーベル生理学・医学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。
生涯 生い立ち 島根県美濃郡都茂村(現益田市)に豪農・山根道恭とヒデの十四人兄弟の八男として生まれる。
14歳の時に姻戚である秦家より養子に迎えられた。
代々医師の家系であった秦家には当時一人娘しかいなかった為に、兄弟の中で成績が優秀であった佐八郎に白羽の矢がたったのである。
その際、秦家より「岡山で勉強が出来る」と言われたのも少年であった佐八郎が養子に行く決心をした理由の一つであろう。
佐八郎は悪戯好きの少年であり、すぐ上の兄で2歳年上の藤七とよく遊んだが、乱暴狼藉が過ぎると、空いている大きな酒づくりの樽に放り込まれた。

はたさはちろう [生]1873.3.島根[没]1938.11.22.東京細菌学者。サルバルサン発見の協力者。旧姓山根。15歳のとき秦家の養子となる。第三高等学校第三部(岡山大学医学部の前身)で医学を学び,1898年上京,伝染病研究所所長北里柴三郎の門に入り,まずペストを研究。1907年ドイツに留学,コッホ研究所で免疫学を学び,次いでフランクフルトアムマインの国立実験研究所でP.エールリヒに師事した。その頃トリノ大学の病理解剖学者パロジ(1879~1928)が梅毒トレポネーマのカイウサギ睾丸内接種に成功したとの報で,秦は命じられてこの方法を学び,さらに09年エールリヒを助けてサルバルサンを開発した。10年帰国,14年北里研究所部長,20年慶應義塾大学教授。晩年は深達性殺菌薬を研究し,アクリジン,キノリン剤を開発したほか,熱帯病研究上の業績も大きい。 (引用元 コトバンク)

「秦佐八郎」と関連する人物(故人)