訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

茅誠司 氏(かやせいじ)

物理学者[日本]

1988年 11月9日 死去享年91歳

茅誠司 - ウィキペディアより引用
茅 誠司(かや せいじ、1898年(明治31年)12月21日 - 1988年(昭和63年)11月9日)は、日本の物理学者。
第17代東京大学総長(1957年 - 1963年)。
人物・来歴 神奈川県生まれ。
旧制厚木中学校(現神奈川県立厚木高等学校)、東京高等工業学校(現東京工業大学)を経て、東北帝国大学理学部卒業。
伊登子夫人は天文学者・木村栄の長女。
長男は工学者の茅陽一、次男は化学者の茅幸二(理化学研究所所長)。
専門は、強磁性結晶体の研究。
しかし、茅が師事していた本多光太郎は、茅の考え方に否定的だった。
日本学術会議会長として日本の南極観測参加に尽力する。
 また、日本の原子力研究の創始に当たっては、それを平和利用研究に限る証として「自主、民主、公開」の三原則を伏見康治とともに提唱し、「茅・伏見の原子力三原則」と呼ばれた。
東京大学総長退任時の卒業式告辞で述べた小さな親切運動は社会現象となり、社団法人の設立につながった。
茅は同法人の初代代表として23年間在職した。
同法人は社会全体に社会道徳や親切を広める活動団体の一つとして続いている。