芸能人・経営者のおくやみ情報

モデスト・ムソルグスキーModest Petrovich Mussorgsky

作曲家[ロシア]

1881年 3月28日 死去享年43歳

モデスト・ムソルグスキー - ウィキペディアより引用

モデスト・ペトローヴィチ・ムソルグスキー( Моде́ст Петро́вич Му́соргский マデースト・ピェトローヴィチュ・ムーサルクスキイ,ラテン文字転写:Modest Petrovich Mussorgsky, 1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。
「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。
国民楽派の作曲家に分類され、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ 』や管弦楽曲『禿山の一夜』、ピアノ組曲『展覧会の絵』などが代表作とされる。
生涯 プスコフ州で、リューリクの血を引く地主階級に生まれる。
ムソルグスキー家は、リューリクの18代目の末裔ロマン・ヴァシリエヴィチ・モナスティレフの子孫であり、家名はモナスティレフの渾名「ムソルガ」に由来する。
6歳から母の手ほどきでピアノを始める(そこから、やがてフランツ・リストの小品を弾くまでになったといわれる)。

ロシアの作曲家*1(ロシア5人組の1人) モデスト・ペトロヴィチ・ムソルグスキー Modest Petrovich Mussorgsky 1839年3月21日〜1881年3月28日 *1:本職は軍人 (引用元 Hatena Keyword)