芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン・パウルJean Paul

作家[ドイツ]

1825年 11月14日 死去享年63歳

ジャン・パウル - ウィキペディアより引用

ジャン・パウル(Jean Paul, 1763年3月21日 - 1825年11月14日)はドイツの小説家。
本名、ヨハン・パウル・フリードリヒ・リヒター(Johann Paul Friedrich Richter)。
該博な知識に基づく機知とユーモアに富んだ中長編を発表、当時のドイツ文壇におけるシュトルム・ウント・ドランクや古典主義、ロマン主義いずれとも距離を置き独自の文学世界を作り上げた。
主要作品に『ヘスペルス』『陽気なヴッツ先生』『ジーベンケース』『巨人』『生意気ざかり』『彗星』など。
生涯 当時バイロイト侯領に属していたフランケン地方の村ヴンジーデルに長男として出生。
父は学校教師兼教会のオルガン奏者で家は貧しく、1765年からはホーフ近郊ヨーディッツ村の牧師に、76年からはザーレ河畔シュヴァルツェンバッハの牧師となったが、79年に死去してより以後一家は極貧状態となった。

JeanPaul [生]1763.3.21.ウンジーデル[没]1825.11.14.バイロイトドイツの作家。本名JohannPaulFriedrichRichter。父の死のため貧困のなかに育ち,一時ライプチヒ大学で神学を学んだ以外は,独学で該博な知識を身につけた。家庭教師をしながら小説を書きまくり,『ヘスペルス』Hesperusoder45Hundsposttage(1795)で大成功を収め,特に女性の間に多くの読者を得た。イギリスのフィールディングやスターンの影響を受け,ユーモアとアイロニーによって現実に対処しつつ,感情と空想の世界に奔放に飛翔する反古典主義的長編小説の数々を,極度に無形式な文体で書いた。彼のなかには夢想家とリアリストが共存しており,後者は作品中の克明な細密描写にも現れている。後代の散文作家たちへの影響は絶大。きわめて多作で,全集は65巻から成る。代表作,ドイツ教養小説の系譜に属する大作『巨人』Titan(4巻,1800~03),未完に終った『生意気ざかり』Flegeljahre(04~05),評論『美学入門』VorschulederÄsthetik(04)。 (引用元 コトバンク)

「ジャン・パウル」と関連する人物(故人)