芸能人・経営者のおくやみ情報

オルダス・ハクスリー 氏Aldous Leonard Huxley

作家[イギリス]

1963年 11月22日 死去享年70歳

オルダス・ハクスリー - ウィキペディアより引用

オルダス・レナード・ハクスリー(Aldous Leonard Huxley, 1894年7月26日 - 1963年11月22日)は、イギリスの著作家。
後にアメリカ合衆国に移住した。
ヨーロッパにおいて著名な科学者を多数輩出したハクスリー家の一員で、祖父のトーマス・ハクスリーはダーウィンの進化論を支持した有名な生物学者、父のレナード・ハクスリーは文芸雑誌を担当する文人であった。
長兄のジュリアン・ハクスリーもまた進化論で有名な生物学者で評論家、1946年から1948年までユネスコ事務局長を務めている。
異母弟のアンドリュー・フィールディング・ハクスリーはノーベル生理学・医学賞受賞者。
息子のマシュー・ハクスリーも疫学者・人類学者として知られている。
オルダス・ハクスリーは小説、エッセイ、詩、旅行記など多数発表したが、小説によってその名を広く知られている。
※姓の表記には、ハックスリー、ハックスリイ、ハックスレー、ハックスレイ、ハックスリなどがある。
生い立ち サリーのゴダルミングにおいて、作家のレナード・ハクスリーとその最初の妻ジュリア・アーノルドの間に生まれる。

Aldous Leonard Huxley イギリス出身の作家。 1894年7月26日、生まれ。1963年11月22日、死去。 ディストピア小説「すばらしい新世界」で知られる。 彼は著名な科学者を多数輩出したハクスリー家の一員であった。祖父のトマス・ヘンリー・ハクスリーはチャールズ・ダーウィンの進化論を支持した有名な生物学者、父は文人、兄のジュリアン・ハクスリーもまた進化論で有名な生物学者で評論家。 (引用元 Hatena Keyword)