訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小山内薫(おさないかおる)

作家演出家[日本]

1928年 12月25日 死去脳梗塞享年48歳

小山内薫 - ウィキペディアより引用
小山内 薫(おさない かおる、1881年(明治14年)7月26日 - 1928年(昭和3年)12月25日)は、明治末から大正・昭和初期に活躍した劇作家、演出家、批評家。
日本の演劇界の革新にその半生を捧げた。
陸軍軍医である父の赴任地、広島(広島県広島市細工町:現在の中区大手町)で、八男として生まれた。
5歳のとき父が38歳で早逝したことから東京へ移り、府立一中を経て旧制一高時代に失恋をきっかけに内村鑑三に入門。
内村の主宰する雑誌の編集などを手伝ったが、まもなくキリスト教を離れた。
東京帝国大学文学部英文科に進学。
1学年留年しており、英語教師ラフカディオ・ハーンの解任に対する留任運動に加わったためともいわれる。
在学中から、亡父のかつての同僚でもある森鴎外の知遇を得て、伊井蓉峰の一座の座付作家となって舞台演出に関わったり、詩や小説の創作を行った。
1906年(明治39年)、大学卒業。
1907年(明治40年)、知人で木場の材木商だった数井政吉から資金援助を受け、同人誌『新思潮』(第1次)を創刊。