芸能人・経営者のおくやみ情報

野口雨情(のぐちうじょう)

詩人、童謡作詞家[日本]

1945年 1月27日 死去享年64歳

野口雨情 - ウィキペディアより引用
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉)は、詩人、童謡・民謡作詞家。
多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。
生涯 廻船問屋を営む名家(楠木正季が先祖と伝えられているが不明)の長男として茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)に生まれる。
父・量平、母・てる。
4年制小学校・4年制高等小学校を終了後上京。
東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、坪内逍遥に師事するが、1年余りで中退、詩作を始める。
このとき1901年、英吉19歳。
父の事業失敗と死により、1904年、故郷に帰り、家督を継ぐ。
このとき、家の没落をふせぐために、家族(つまり亡父や親族)から、栃木県の資産家の娘との政略結婚をお膳立てされており、英吉は同い年(23歳)の高塩ひろと結婚するが、もともと気の進まない話で、後年、破綻する。