芸能人・経営者のおくやみ情報

スヴャトスラフ・リヒテル 氏Sviatoslav Teofilovich Richter

ピアニスト[ロシア]

1997年 8月1日 死去享年83歳

スヴャトスラフ・リヒテル - ウィキペディアより引用

スヴャトスラフ・テオフィーロヴィチ・リヒテル(ロシア語: Святосла́в Теофи́лович Ри́хтер、ウクライナ語: Святослав Теофілович Ріхтер、ラテン文字転写例: Sviatoslav Teofilovich Richter、1915年3月20日 - 1997年8月1日)は、ソビエト連邦のピアニストである。
ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。
その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。
生涯 1915年3月20日、ウクライナのジトームィルでドイツ人ピアニストの父と素封家の母親のもとに生まれた。
幼いころに一家はオデッサに移住した。
父親は同地の音楽学校で教師を務め、息子にも音楽の手ほどきをしたが、音楽家にしようという気はなかった。
父親はその後別れて行動し、後にオデッサで処刑され、母親は別の男性と再婚した。
リヒテルは独学でピアノを始め、1931年に15歳にしてオデッサ歌劇場のコレペティートルに採用され、多くのオペラ曲の初見を経験した。

Sviatoslav Teofilovich Richter(1915-1997)。旧ソ連(現ウクライナ)、オデッサ生まれのピアニスト。 「鉄のカーテン」時代のソ連においてドイツ人を父親に持つことや亡命を危惧されたことを理由に西側での演奏活動を制限され「伝説のピアニスト」という異名を持った。強靭なタッチで突進するような力強い演奏で知られるが、勢いだけではなく鋭い楽曲分析力に基づいた説得力や、弱音の美しさと強烈なフォルテッシモのコントラストも魅力。 レパートリーは広く、チャイコフスキーやプロコフィエフ、ショスタコーヴィチなど「お国モノ」からドイツ、フランスまでをカバーする。しかし「チクルス」、「全集」といった形には全くこだわらず、自分が気に入った曲のみを演奏した。よって、ショパンの《24の前奏曲》も、ショスタコーヴィチの《24の前奏曲とフーガ》も全て演奏していない*1。唯一、バッハの作品だけは原典での全曲演奏などを行った。今日、我々は彼の演奏を数多くの録音によって聴くことができるが、そのほとんどはライヴ音源でスタジオ録音は全体の僅かしかない。 他の演奏家との関り合いにおいては、特にロストロポーヴィチ、オイストラフ、オレグ・カガン、バシュメットなどとの競演が多い。ソ連以外ではブリテン、カラヤン、カルロス・クライバーなどと競演。またブリューノ・モンサンジョンを通じてグレン・グールドとも長年親交を持った。 ヤマハのピアノとの関係は有名だが、それは長いキャリアのほんの一時期に過ぎず主に晩年で使用されている(しかも晩年もちょくちょくスタインウェイなどヤマハ以外のメーカーのピアノを …… (引用元 Hatena Keyword)