芸能人・経営者のおくやみ情報

牧野英一 氏(まきのえいいち)

法学者[日本]

1970年 4月18日 死去享年93歳

牧野英一 - ウィキペディアより引用

牧野 英一(まきの えいいち、1878年3月20日 - 1970年4月18日)は、岐阜県高山市出身の法学者。
専門は刑事法。
元東京帝国大学名誉教授、元東京商科大学(一橋大学の前身)名誉講師。
従二位勲一等瑞宝章。
1878年岐阜県高山市の旅館主の家に生まれる。
牧野良三(政治家で法務大臣等を歴任)は弟。
妻は海軍軍人坪井航三の娘。
穂積陳重から法律進化論を、梅謙次郎から自然法を、富井政章から比較法を学び、その学問上の業績は、全ての法学に及ぶが、特に刑法における主観主義・新派刑法学の大家として木村龜二とともに知られている。
民法学の泰斗我妻栄の師の一人でもあり、牧野の自由法学、法規の社会的作用に関する見解は、我妻理論・体系に大いなる影響を与えている。
後に「語学の神様」と呼ばれ、英独仏伊西等7か国語を自在に駆使し、イェーリング、ジェニー、サレイユ等を原文で読み、広い教養を有する法思想家でもあった。
趣味は和歌で佐佐木信綱を師匠とする会に属し、1958年の正月には歌会始に参加している。
晩年に白梅学園短期大学(保育科で知られる)の学長を務めたのは姪が東京都同胞援護会で母子福祉に携わっていたことが縁といわれている。

刑法学者。岐阜県生。東大卒。東京地裁判事・検事を歴任し、東大教授となる。その間、独・伊・英に留学し、刑法改正調査委員会・法制調査会委員・中央公職適格審査委員長を務める。学風は目的刑主義・主観主義の体系化を説くもので戦前の刑法改正作業を戦後に引き継いだとして評価される。文化勲章受章。著書に『日本刑法』『刑法総論』等がある。昭和45年(1970)歿、92才。 (引用元 コトバンク)

「牧野英一」と関連する人物(故人)