芸能人・経営者のおくやみ情報

穂積八束(ほづみやつか)

法学者[日本]

1912年 10月5日 死去心臓麻痺享年53歳

穂積八束 - ウィキペディアより引用

穂積 八束 (ほづみ やつか、1860年3月20日(安政7年2月28日) - 1912年10月5日)は、日本の法学者。
東京帝国大学法科大学長。
貴族院議員。
法典調査会査定委員。
民法典論争に際し発表した論文『民法出デテ忠孝亡ブ』で非常に有名である。
また、日本法律学校(現在の日本大学)の設立に参画したことでも知られる。
美濃部達吉らが主張した天皇機関説に対し、天皇主権説を唱えた。
伊予宇和島藩士の穂積家に生まれる。
鈴木(穂積)重樹の三男。
長兄の穂積重頴は第一銀行頭取。
東京帝国大学法学部教授、民法起草者の一人である穂積陳重は次兄。
正三位勲一等。
妻は浅野総一郎(初代)の長女まつ。
1860年(安政7年) - 伊予国宇和島(現在の愛媛県宇和島市)に宇和島藩士・鈴木(穂積)重樹の子として生まれる。
1883年(明治16年) - 東京大学文学部政治学科卒業。
東京大学文学部政治学研究生。
1884年(明治17年) - 文部省留学生としてドイツへ留学(欧州制度沿革史及び公法学修業)。

「穂積八束」と関連する人物(故人)