芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・レントゲンWilhelm Conrad Röntgen

物理学者[ドイツ]

1923年 2月10日 死去がん享年79歳

ヴィルヘルム・レントゲン - ウィキペディアより引用
ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen、1845年3月27日 – 1923年2月10日)は、ドイツの物理学者。
1895年にX線の発見を報告し、この功績により、1901年、第1回ノーベル物理学賞を受賞した。
生涯 X線の発見まで 1845年3月27日にドイツのレンネップ(Lennep、現在はレムシャイトの一部)で生まれた。
父はドイツ人で織物商のフリードリッヒ・レントゲン、母はオランダ人のシャーロット・フローウェインで、裕福な家庭の一人息子だった。
1848年、一家はオランダのアペルドールンに移り住み、レントゲンはここで初等教育を受けた。
しかし卒業目前の時期に教師にいたずらをした友人をかばったため、ギムナジウムに進学できなかった。
結局、1862年から2年半オランダのユトレヒト工業学校で学んだ後、1865年にチューリッヒ工科大学の機械工学科に進学している。
1868年に機械技師の免状を取得したが、チューリッヒ工科大学でルドルフ・クラウジウスの工業物理の講義を聞き、物理への関心が高まったという。