芸能人・経営者のおくやみ情報

長與又郎(ながよまたお)

病理学者、男爵[日本]

1941年 8月16日 死去享年64歳

長與又郎 - ウィキペディアより引用

長與 又郎(ながよ またお、1878年(明治11年)4月6日 - 1941年(昭和16年)8月16日)は日本の病理学者、男爵。
癌研究の世界的権威。
号は雷山。
略歴・人物 医学界の重鎮長與專齋の三男として東京神田に生まれる。
慶應義塾幼稚舎、正則学校、一高を経て、1904年(明治37年)12月に東京帝国大学医科大学(現在の東京大学医学部)を卒業。
ドイツのフライブルク大学に留学し、帰国後、東京帝国大学の病理学教授となる。
夏目漱石の主治医でもあり、1916年(大正5年)、漱石が病死した際には、未亡人夏目鏡子の希望で、漱石の遺体を解剖した。
伝染病研究所長や医学部長を経て、1934年(昭和9年)、東京帝国大学第12代総長に就任。
1936年(昭和11年)帝国学士院会員。
1938年(昭和13年)、文部大臣荒木貞夫から総長官選案を示されるも、大学の自治を守るために戦い、荒木の案を撤回させて総長を辞任。
同年12月28日、東京帝国大学名誉教授の称号を授与された。
また癌研究所や日本癌学会を設立し、癌の解明に努力。
父の遺志を継いで、公衆衛生院や結核予防会をも設立した。