芸能人・経営者のおくやみ情報

黒木為楨(くろきためもと)

薩摩藩士陸軍大将、伯爵[日本]

(日露戦争時の第1軍司令官)

1923年 2月3日 死去肺炎享年80歳

黒木為楨 - ウィキペディアより引用

黒木 為楨(くろき ためもと、天保15年3月16日(1844年5月3日) - 大正12年(1923年)2月3日)は、日本の陸軍軍人。
最終階級は陸軍大将。
伯爵。
通称は七左衛門。
生涯 薩摩藩士・帖佐為右衛門の三男として薩摩国鹿児島城下加治屋町猫之薬師小路(下加治屋町方限)に生まれる。
のち、黒木万左衛門為善の養子となり黒木姓を名乗る。
戊辰戦争に4番隊半隊長として従軍。
鳥羽・伏見の戦いでは、薩摩藩の小銃隊を指揮して幕府歩兵を集中射撃により敗走させ、宇都宮城攻防戦では城壁に突進して取り付くなど奮戦し、勝利の契機をつくった。
明治2年(1869年)2月、1番大隊小隊長となる。
明治4年(1871年)4月に上京し、同年7月、陸軍大尉任官、御親兵1番大隊に配属。
明治5年(1872年)8月、陸軍少佐に昇進し近衛歩兵第1大隊長に就任。
近衛歩兵第2大隊長を経て、明治8年(1875年)2月、陸軍中佐に進級し広島鎮台歩兵第12連隊長となる。
明治10年(1877年)3月、西南戦争に出征し、同年10月まで従軍。
明治11年(1878年)11月、陸軍大佐に昇進。

「黒木為楨」と関連する人物(故人)