芸能人・経営者のおくやみ情報

キリル・コンドラシン 氏Kirill Kondrashin

指揮者[ソ連]

1981年 3月7日 死去享年68歳

キリル・コンドラシン - ウィキペディアより引用

キリル・ペトローヴィチ・コンドラシン(ロシア語: Кирилл Петрович Кондрашин, 1914年3月6日 - 1981年3月7日)は、旧ソ連出身の指揮者である。
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団在任中、ショスタコーヴィチの交響曲の初演に携わった。
交響曲第4番、交響曲第13番「バビ・ヤール」は、彼の指揮により初演された。
モスクワ・フィルを指揮して、世界で初めてショスタコーヴィチの交響曲全集を録音した。
1914年、モスクワ生まれ。
1943年、ボリショイ劇場の常任指揮者となり、1956年まで在任。
1960年、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督となり、1976年までそのポストにあった。
1967年、モスクワ・フィルと来日。
この際にマーラーの交響曲第9番を日本初演した。
1978年、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団に客演中のアムステルダムにおいて、オランダへの亡命を表明。
同楽団にて、常任客演指揮者に就任する。
1980年、再来日してNHK交響楽団を指揮。
1981年、心臓発作のためアムステルダムにて死去。

「キリル・コンドラシン」と関連する人物(故人)