芸能人・経営者のおくやみ情報

シラノ・ド・ベルジュラックSavinien de Cyrano de Bergerac

作家哲学者[フランス]

1655年 7月28日 死去梅毒享年37歳

シラノ・ド・ベルジュラック - ウィキペディアより引用

サヴィニヤン・ド・シラノ・ド・ベルジュラック (Savinien de Cyrano de Bergerac、1619年3月6日 - 1655年7月28日)は、フランスの剣豪、作家、哲学者、理学者。
1897年上演されたエドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」により名を知られた。
作品の中では、容貌(大きな鼻)に悩みながら、一人の女性を胸中で恋い慕い続け生涯を終えていく、騎士道精神や正義感の強い男として描かれる。
生涯 1619年、パリ高等法院(Le Parlement de Paris)に席をもつ弁護士アベル・ド・シラノ(Abel de Cyrano)の第四子として、パリのドゥ・ポルト街(rue Deux-Portes)(現在のデュッス-ブ街(rue Dussoubs)に生まれる。

CyranodeBergerac,Savinien [生]1619.3.6.パリ[没]1655.7.28.パリフランスの詩人,劇作家,小説家。ガッサンディに学んで自由思想の洗礼を受け,当時の政治,宗教,社会を大胆に批判した。笑劇とコメディア・デラルテの影響を受けた散文喜劇『衒学者愚弄』LePédantjoué(1645),韻文悲劇『アグリピーヌの死』LaMortd'Agrippine(54),ラブレーの伝統を継ぎ,ボルテールの『ミクロメガス』の先駆をなす2つの空想小説『月世界旅行記』HistoirecomiquedesÉtatsetEmpiresdelaLune(57),『太陽世界旅行記』HistoirecomiquedesÉtatsetEmpiresduSoleil(62)やビュルレスク(道化)調の風刺詩などがある。E.ロスタンの名作によって,その生涯は伝説化された。 シラノ・ド・ベルジュラックCyranodeBergerac フランスの劇作家エドモン・ロスタンの韻文劇。5幕。1897年,パリのポルト・サン・マルタン座で初演。17世紀の実在の詩人,自由思想家シラノ・ド・ベルジュラックを鼻が大きく醜男だが才気煥発で無双の剣客に仕立て,そのロクサーヌへの報われぬ恋を中心に史実と虚構を織り交ぜた擬古典的韻文劇。自然主義を脱しようとする新ロマン主義と理想主義,安易だが巧妙な劇作法が当時のパリで熱狂的に迎えられた。 (引用元 コトバンク)