芸能人・経営者のおくやみ情報

シラノ・ド・ベルジュラックSavinien de Cyrano de Bergerac

作家哲学者[フランス]

1655年 7月28日 死去梅毒享年37歳

シラノ・ド・ベルジュラック - ウィキペディアより引用

サヴィニヤン・ド・シラノ・ド・ベルジュラック (Savinien de Cyrano de Bergerac、1619年3月6日 - 1655年7月28日)は、フランスの剣豪、作家、哲学者、理学者。
1897年上演されたエドモン・ロスタンの戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」により名を知られた。
作品の中では、容貌(大きな鼻)に悩みながら、一人の女性を胸中で恋い慕い続け生涯を終えていく、騎士道精神や正義感の強い男として描かれる。
生涯 1619年、パリ高等法院(Le Parlement de Paris)に席をもつ弁護士アベル・ド・シラノ(Abel de Cyrano)の第四子として、パリのドゥ・ポルト街(rue Deux-Portes)(現在のデュッス-ブ街(rue Dussoubs)に生まれる。

■解説 舞台は17世紀。剣士にして詩人のシラノは、そのユーモア溢れる語り口や見事な剣さばきから、周りの人を魅了していた。しかし、彼には敵も多い。もちろん、大胆不敵な彼には怖いものなしだけれど。そんな彼の唯一にして最大のコンプレックスは大きな鼻。そのせいで長年愛してきたロクサーヌに愛を告げることができない。反対にロクサーヌからは、彼の部下になるクリスチャンが好きだと告白されて・・・大切な人を守るため、シラノは全ての言葉を、魂を、クリスチャンの代わりに彼女に捧げます。ラストの彼の言葉は、何よりも重く、力強く、そして美しい・・・ 日本人にも親しみのある「シラノ・ド・ベルジュラック」は、フランスの実在の人物(当時の地位としては、自由思想家で、先駆的な哲学者であった)をモチーフにエドモン・ロスタンにより生み出された戯曲。今なお世界の人びとに愛される同戯曲は、究極とも言える純愛を貫き通している。 (引用元 Hatena Keyword)