芸能人・経営者のおくやみ情報

小村寿太郎(こむらじゅたろう)

外交官政治家、外相、侯爵[日本]

1911年 11月26日 死去結核享年57歳

小村寿太郎 - ウィキペディアより引用

『小村壽太郎』より : 小村 壽太郎(こむら じゅたろう、安政2年9月16日(1855年10月26日) - 1911年(明治44年)11月26日)は、日本の外交官、政治家。
外務大臣、貴族院議員などを務めた。
侯爵。
新字体で小村寿太郎とも表記される。
初代拓務次官の小村欣一は長男。
1855年(安政2年)9月16日、日向国飫肥藩(現在の宮崎県日南市のほぼ全域および宮崎市南部)の下級藩士・小村寛平と梅子の長男として生まれる。
明治3年(1870年)、貢進生として大学南校(東京大学の前身)に入学。
第1回文部省海外留学生に選ばれてハーバード大学へ留学し、法律を学んだ。
帰国後は司法省に入省し、大審院判事を経て、1884年に外務省へ転出する。
陸奥宗光に認められて、1893年に清国代理公使を務めた。
日清戦争(1894年-1895年)。
乙未事変の後、三浦梧楼に代わって駐韓弁理公使を務め、在朝鮮ロシア総領事のカール・ヴェーバーと小村・ウェーバー覚書を交わした。
その後、外務次官、1898年に駐米・駐露公使を歴任。
1900年(明治33年)の義和団の乱では、講和会議全権として事後処理にあたった。

こむらじゅたろう [生]安政2(1855).9.26.日向[没]1911.11.26.神奈川,葉山陸奥宗光と並び明治を代表する外交家。1884年に外務省に入った。96年には朝鮮公使としてロシアとの間に小村=ウェーバー協定を調印。1901年,第1次桂内閣の外相に就任し,日英同盟の締結,日露戦争の戦時外交処理にあたり,05年ポーツマス講和会議の日本全権として講和条約を結んだ。06年駐英大使。08~11年,第2次桂内閣の外相をつとめ,日韓併合を行い,また関税自主権を回復,条約改正事業を完成させた。 (引用元 コトバンク)