芸能人・経営者のおくやみ情報

灰谷健次郎 氏(はいたにけんじろう)

児童文学作家[日本]

2006年 11月23日 死去食道がん享年73歳

灰谷健次郎(はいたに けんじろう、1934年〈昭和9年〉10月31日 - 2006年〈平成18年〉11月23日)は、日本の児童文学作家。
兵庫県神戸市の貧しい家庭に生まれ、働きながら定時制高校商業科を卒業。
大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師を務める傍ら児童詩誌『きりん』の編集に携わる。
なお、教師時代の教え子に歌手のもんたよしのりがいる。
1962年(昭和37年)、小説『笑いの影』を部落解放同盟から差別小説とされて糾弾を受ける(後述)。
その後、1967年(昭和42年)に長兄の自殺、1968年(昭和43年)には実母の死去という事件が重なり、自分が教師であることの意味を見失い、1971年(昭和46年)に、17年間勤めた小学校教師を退職し、沖縄やアジア各地を放浪。
1974年(昭和49年)『兎の眼』で児童文壇にデビューする。
「兎の眼」はミリオンセラーとなった。
その後「太陽の子」も50万部を超えている。
2006年(平成18年)11月23日、食道がんのため静岡県内の病院で死去。

  • 題名
    太陽の子 [DVD]
    監督
    出演俳優
    1. 原田晴美
    2. 大空真弓
    3. 河原崎長一郎
    4. 浜村純
    5. 大竹しのぶ
    発売元
    新日本映画社
    発売日
    2005年5月27日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 21,000 より

「灰谷健次郎」と関連する人物(故人)