芸能人・経営者のおくやみ情報

山田美妙(やまだびみょう)

作家詩人[日本]

1910年 10月24日 死去享年43歳

山田美妙 - ウィキペディアより引用

山田 美妙(やまだ びみょう、1868年8月25日(慶応4年7月8日) - 1910年(明治43年)10月24日)は、日本の小説家・詩人・評論家。
言文一致体および新体詩運動の先駆者として知られる。
二世曲亭主人、美妙斎、美妙子、樵耕蛙船、飛影などの号も用いた。
SF・推理小説作家の加納一朗は孫。
生涯 本名は、山田武太郎。
江戸の神田柳町(現在の東京都千代田区神田須田町二丁目)に旧南部藩士山田吉雄の長男として生まれる。
3歳のとき父が地方に赴任し、母よし、その養母海保ますと芝神明前(浜松町)に、桶屋を家業として住む。
父は鳥取、長野などの警察部長を歴任し、その後武徳会に関係して京都に住み、1911年(明治44年)に没した。
1874年に私立烏森学校入学、この頃尾崎徳太郎(紅葉)と知り合う。
翌年公立巴学校に転校。
12歳頃から詩を学んで小田源蔵に教えを受け、漢文を石川鴻斎から、和歌を叔父の山田吉就から学んだ。
1879年(明治12年)東京府第二中学(1881年に府第一中と統合し東京府中学)入学、幼友達の紅葉と再会。

  • 題名
    決定版! 軍歌
    歌手
    キング男声合唱団
    発売元
    キングレコード
    発売日
    2003年5月16日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    軍歌戦時歌謡大全集1 明治・
    歌手
    帝国海軍軍楽隊
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1996年1月20日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

やまだびみょう [生]慶応4(1868).7.8.江戸[没]1910.10.24.東京小説家。本名,武太郎。1885年大学予備門(のちの第一高等学校)在学中,尾崎紅葉らと硯友社を組織,言文一致運動の先駆となった『武蔵野』(1887)を含む短編集『夏木立』(88)で一躍天才作家の名をほしいままにした。ために紅葉と反目して硯友社を脱退,『蝴蝶』(89),『いちご姫』(89~90)など悲劇性を重視する近代的趣向でもてはやされたが,まもなくマンネリズムに陥り,遅れて文壇的地位を確立した紅葉や幸田露伴の影に隠れた。『都の花』の創刊から主幹をつとめた。ほかに長編『平清盛』(1910),新体詩集『新体詞選』(1886),詩論集『日本韻文論』(90~91)などがある。 (引用元 コトバンク)