芸能人・経営者のおくやみ情報

大山巌(おおやまいわお)

薩摩藩士政治家、元帥陸軍大将、公爵、元老[日本]

1916年 12月10日 死去胆嚢炎享年75歳

大山巌 - ウィキペディアより引用

大山 巌(おおやま いわお、正字: 大山 巖、天保13年10月10日(1842年11月12日) - 大正5年(1916年)12月10日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍軍人、政治家。
幼名は岩次郎。
通称は弥助。
雅号は赫山、瑞岩。
字は清海。
称号・階級は元帥陸軍大将。
栄典(位階勲等および爵位)は従一位大勲位功一級公爵。
大警視(第2代)、陸軍大臣(初・2・3・4・6・7代)、陸軍参謀総長(第4・6代)、文部大臣(臨時兼任)、内大臣(第5代)、元老、貴族院議員を歴任した。
西郷隆盛・従道兄弟は従兄弟にあたる。
生涯 青年期 薩摩国鹿児島城下加治屋町柿本寺通(下加治屋町方限)に薩摩藩士・大山綱昌(彦八)の次男として生まれた。
家紋は佐々木源氏大山氏として典型的な「丸に隅立て四つ目」である。
同藩の有馬新七等に影響されて過激派に属したが、文久2年(1862年)の寺田屋事件では公武合体派によって鎮圧され、大山は帰国謹慎処分となる。