訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐藤千夜子 氏(さとうちやこ)

歌手[日本]

1968年 12月13日 死去がん享年72歳

佐藤千夜子 - ウィキペディアより引用
佐藤 千夜子(さとう ちやこ、1897年(明治30年)3月13日 - 1968年(昭和43年)12月13日)は、日本初のレコード歌手。
本名は佐藤千代。
山形県東村山郡天童村(現:天童市)出身。
晋平節を世に広め、古賀政男の才能を発見したことで、それ以後の日本大衆音楽史の発展に大きな功績がある。
華々しくかつ浮き沈み激しい人生は、NHK朝の連続テレビ小説「いちばん星」のモデルとなった。
子供の頃から天童教会の日曜学校に通い、伝道師のミス・キルバン (Miss Kirwan) と出会う。
天童小学校高等科卒業後、その歌の才能を見抜いたキルバンに連れられて上京。
ミッション系である普連土女学校(現:普連土学園)に入学。
在学中にオペラを鑑賞し、強い感銘を受け、音楽を志す。
1920年(大正9年)、東京音楽学校(現:東京芸術大学)に入学する。
在学中に作曲家の山田耕筰、中山晋平、詩人の野口雨情らと知り合う。
中山、野口と共に「全国歌の旅」に出る。
1925年(大正14年)、ラジオ放送が開始され、ラジオを通して歌うようになる。