芸能人・経営者のおくやみ情報

金子堅太郎(かねこけんたろう)

政治家、伯爵[日本]

1942年 5月16日 死去享年90歳

金子堅太郎 - ウィキペディアより引用

金子 堅太郎(かねこ けんたろう、嘉永6年2月4日(1853年3月13日) - 1942年(昭和17年)5月16日)は、明治期の官僚・政治家。
司法大臣、農商務大臣、枢密顧問官を歴任し栄典は従一位大勲位伯爵。
伊藤博文の側近として、伊東巳代治、井上毅らとともに大日本帝国憲法の起草に参画。
また、皇室典範などの諸法典を整備した。
日本法律学校(現・日本大学)初代校長。
日露戦争においては、アメリカに渡り日本の戦争遂行を有利にすべく外交交渉・外交工作を行った。
また、日米友好のために尽力し、「日米同志会」の会長となる。
目賀田種太郎や相馬永胤と時を同じくアメリカに留学し、ハーバード大学ロースクールで法律を学び、帰国後、東京帝国大学の初代行政法講座初代担当者となる(1886年から1888年まで)。
枢密顧問官、日本大博覧会会長、日本速記会会長、語学協会総裁、東京大博覧会会長などを歴任。
後の維新史編纂会の発足に関わり、臨時帝室編修局総裁、『明治天皇紀』編纂局総裁、維新史料編纂会総裁を経て、帝室編纂局総裁。