訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

西郷従道(さいごうつぐみち)

薩摩藩士政治家、元帥海軍大将、満州軍総司令官、侯爵、元老[日本]

1902年 7月18日 死去享年歳

西郷従道 - ウィキペディアより引用
西郷 従道(さいごう じゅうどう / つぐみち、天保14年5月4日(1843年6月1日) - 明治35年(1902年)7月18日)は、日本の武士(薩摩藩士)、陸軍および海軍軍人、政治家。
階級は元帥海軍大将。
栄典は従一位大勲位功二級侯爵。
名前の読みとして「つぐみち」が広く流布しているが、西郷家によると「じゅうどう」が正訓である。
兄の西郷隆盛を「大西郷」と称するのに対し、従道を「小西郷」と呼ぶ。
文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老、海軍大臣(初・2・3・7・8・9・10代)、内務大臣(第4・5・18代)、貴族院議員を歴任した。
青年期 薩摩国鹿児島城下加治屋町山之口馬場(下加治屋町方限)に生まれる(幼名竜助)。
剣術は薬丸兼義に薬丸自顕流を、兵学は伊地知正治に合伝流を学んだ。
有村俊斎の推薦で薩摩藩主・島津斉彬に出仕し、茶坊主となって竜庵と号する。
文久元年(1861年)9月30日に還俗し、本名を隆興、通称を信吾(慎吾)と改名。
斉彬を信奉する精忠組に加入し、尊王攘夷運動に身を投じる。

↑ PAGE TOP