芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・テニエルJohn Tenniel

イラストレーター[イギリス]

1914年 2月25日 死去享年95歳

ジョン・テニエル - ウィキペディアより引用

ジョン・テニエル(John Tenniel, 1820年2月28日 - 1914年2月25日)はイギリスのイラストレーター。
ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』および『鏡の国のアリス』の挿絵を手がけたことで知られ、19世紀半ばから約50年間にわたり風刺漫画誌『パンチ』で数多くの風刺漫画を手がけた。
1820年、ロンドンに生まれる。
英国王立美術院学校に入学するが間もなく学校を離れ、絵画はほぼ独学で身につけた。
1836年、テニエルは16歳で最初の油彩画をイギリス王立美術家協会の展覧会に出品する。
20歳のとき、フェンシングの教官だった父と試合をしていて右目を失明する。
1845年にはウェストミンスター宮殿の壁面デザインとして16フィートもの風刺漫画を出品し、その年に開催されたコンテストの公平性を揶揄した。
これがきっかけで、イギリス貴族院の詩の広間のフレスコ画の依頼を引き受ける。
作品の芸術性やユーモアのある観察眼、動物の生態への豊富な知識をダグラス・ジェロイド (Douglas Jerrold) に買われて、テニエルはイソップ童話の挿絵を依頼される。

ジョン・テニエル(John Tenniel 1820-1914) イギリスの画家・挿絵画家。 ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の挿絵を手がけたことで知られ、19世紀半ばから約50年間にわたり風刺漫画誌『パンチ』で数多くの風刺漫画を手がけた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジョン・テニエル」と関連する人物(故人)