芸能人・経営者のおくやみ情報

中野忠晴 氏(なかのただはる)

作曲家[日本]

1970年 2月19日 死去肺がん享年92歳

中野忠晴 - ウィキペディアより引用

中野 忠晴(なかの ただはる、1909年5月27日 - 1970年2月19日) は、愛媛県出身の歌手・作曲家。
服部良一、ディック・ミネとともに、アメリカのポピュラーソングを戦前期の日本に広め和製ポップスの基礎を築く。
実父がキリスト教会の牧師(オルガン演奏家)だった影響もあり、地元キリスト教会の賛美歌合唱隊に所属していた。
武蔵野音楽学校(現:武蔵野音楽大学)在学中にニッポンレコードでレコードの吹き込みのアルバイトをしていたことと、1932年春の音楽学校声楽科の新卒業生を集めて行われた新人音楽会で、クルト・ワイルの三文オペラ中の歌、「マック・ザ・ナイフ」を歌って脚光を浴びたことがきっかけで、作曲家・山田耕筰にスカウトされ、日本コロムビアに入社する。