芸能人・経営者のおくやみ情報

秋山好古(あきやまよしふる)

陸軍大将[日本]

(日本騎兵の父)

1930年 11月4日 死去糖尿病による心筋梗塞享年71歳

秋山好古 - ウィキペディアより引用

秋山 好古(あきやま よしふる、安政6年1月7日(1859年2月9日)- 昭和5年(1930年)11月4日)は、日本の陸軍軍人。
最終階級及び位階勲等功級は陸軍大将従二位勲一等功二級。
幼名は信三郎。
陸軍騎兵学校を参観に来たフランス軍人に「秋山好古の生涯の意味は、満州の野で世界最強の騎兵集団を破るというただ一点に尽きている」と賞されているとおり、日本騎兵の父と云われた。
日本海海戦で先任参謀として丁字戦法を考案、バルチック艦隊を撃滅した秋山真之は実弟にあたる。
年譜 安政6年(1859年)1月7日(1859年2月9日):伊予松山城下(現・愛媛県松山市歩行町)に松山藩士・秋山久敬、貞の三男として生まれる。
名前の由来は論語の一節「信而好古」より。
秋山家は足軽よりも一階級上の位で家禄10石程の下級武士(徒士身分)だった。
藩校・明教館へ入学し、家計を支えつつ学ぶ。
このころ、天保銭一枚(100文に相当)にて、銭湯の水汲み、釜焚き、番台の管理をやっていた。
明治8年(1875年):大阪師範学校受験。
その後大阪師範学校合格。
明治9年(1876年)7月:大阪師範学校卒業。

松山藩士秋山久敬の三男として松山市歩行町に生まれる。海軍中将秋山真之の実兄。 明治10年,陸軍士官学校騎兵科を志す。明治16年,陸軍大学を経て明治20年フランスへ留学。日清戦争では、騎兵大隊長、後に騎兵学校長となり、明治陸軍の騎兵科を強化発展させ、騎兵の父として仰がれた。日露戦争では騎兵第一旅団長となり、世界最強のコサック騎兵と奉天会戦等で戦い、大功があった。第一及び近衛師団長を経て、大正5年大将となった。朝鮮軍司令官、教育総監、軍事参議官と陸軍の要職を務めた。その後,乞われて北予中学(現松山北高等学校)の校長となり、後進の育英に尽力した。   司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」では,弟真之とその親友正岡子規の三人が主人公として,それぞれに語られている。 (引用元 Hatena Keyword)