芸能人・経営者のおくやみ情報

ベネデット・クローチェ 氏Benedetto Croce

哲学者歴史学者[イタリア]

1952年 11月20日 死去享年87歳

ベネデット・クローチェ - ウィキペディアより引用

ベネデット・クローチェ(Benedetto Croce、1866年2月25日 - 1952年11月20日)は、イタリアの哲学者・歴史学者。
ヘーゲル哲学と生の哲学を結びつけ、イタリア精神界に大きな影響を与えた。
生涯 1866年、ペスカッセーロリに生まれた。
1883年7月28日、イスキアでの休暇中、カサミッチョラの地震で家族を失い、ローマの親戚シルヴィオ・スパヴェンタの家へ転居した。
ローマではサピエンツァ大学に通い、1884年、アントニオ・ラブリオーラと知り合った。
1886年、ナポリへ転居、ジュスティーノ・フォルトゥナートやサルヴァトーレ・ディ・ジャーコモと知り合った。
1901年、出版人ジョヴァンニ・ラテルツァと出会い、以後、主要著作はラテルツァ出版社から刊行される。
1903年、ジョヴァンニ・ジェンティーレとともに『クリティカ』誌を創刊し、反アカデミズム・反実証主義の立場をとり、精神哲学体系諸著作を次々と発表した。
1913年、ジュゼッペ・プレッツォリーニの雑誌『ヴォーチェ』でジェンティーレと哲学論争をおこなう。

「ベネデット・クローチェ」と関連する人物(故人)