芸能人・経営者のおくやみ情報

良寛(りょうかん)

侶、歌人、漢詩人書家[日本]

(天保2年1月6日没)

1831年 2月18日 死去享年74歳

良寛 - ウィキペディアより引用
良寛(りょうかん、宝暦8年10月2日〔1758年11月2日〕 - 天保2年1月6日〔1831年2月18日〕)は江戸時代後期の曹洞宗の僧侶、歌人、漢詩人、書家。
俗名、山本栄蔵または文孝。
号は大愚。
良寛は越後国出雲崎(現・新潟県三島郡出雲崎町)に生まれた(しかし、その生涯をたどる手立ては極めて少ない)。
四男三女の長子。
父、山本左門泰雄はこの地区の名主・橘屋であり、石井神社の祠職を務め、以南という俳人でもあった(異説では越後国新津(現・新潟県新潟市秋葉区)の大庄屋・桂誉章の子)。
良寛は出雲崎の名主であった父の後を継ぐ名主見習いを初めて2年目の18歳の時、突如出家し、子供の頃に勉学を積んだ曹洞宗光照寺にて修行をする。
この時全国各地に米騒動が頻発した。
越後にも天災・悪疫が襲い、凶作により餓死者を出した。
村人の争いを調停し、盗人の処刑に立ち会わなければならなかった良寛が見たものは、救いのない人間の哀れな世界であった。
両親の説得にも関わらず、良寛は頑なに修行を続けた。
出家後、安永8年(1779年)22歳の時、良寛の人生は一変する。