芸能人・経営者のおくやみ情報

三浦環(みうらたまき)

声楽家・オペラ歌手[日本]

1946年 5月26日 死去享年63歳

三浦環 - ウィキペディアより引用

三浦 環(みうら たまき、1884年(明治17年)2月22日 - 1946年(昭和21年)5月26日)は、日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。
十八番であった、プッチーニの『蝶々夫人』の「蝶々さん」と重ね合わされて、国際的に有名だった。
元の名は柴田環(しばた たまき)、次いで藤井環(ふじい たまき)といった。
生涯 生い立ち 1884年(明治17年)2月22日、東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区内の京橋地域)に生まれる。
静岡県城東郡下朝比奈村(現・御前崎市)出身で公証人の柴田孟甫(本名・熊太郎)を父に、同県城東郡小沢村(現・菊川市)出身の永田登波を母にそれぞれ持ち、3歳の頃から日本舞踊を、6歳の頃から長唄と箏を各々習い始める。
その後、虎ノ門の東京女学館に入学。
そこで東京音楽学校(現・東京音楽大学音楽学部)出身の音楽教師・杉浦チカから音楽家になることを強くすすめられ、1900年(明治33年)に東京音楽学校に入学。

1884年に生まれ、1946年に没する。オペラ歌手。1903年、東京音楽学校(現在の東京藝術大学音楽学部の前身)在学中にグルックのオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」のエウリディーチェ役を演じ、好評を博す。1914年にヨーロッパに渡り、翌年、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の蝶々夫人役としてデビューする*1。これが大きな反響を呼び、以来、ヨーロッパ各地で2000回にもわたって公演を繰り返し、「蝶々夫人」の作曲家であるプッチーニからも絶讃された。こうした業績や美貌も相俟り、彼女はわが国における本格的なオペラ歌手の嚆矢とされている。 なお「たまき」はもともと男性の名前であった。それが女性の名前にも使われるようになったのは、三浦環人気によるところが大きいと言われている。 (引用元 Hatena Keyword)