芸能人・経営者のおくやみ情報

高浜虚子 氏(たかはまきょし)

俳人作家[日本]

1959年 4月8日 死去脳溢血享年86歳

高浜虚子 - ウィキペディアより引用

高浜 虚子(たかはま きょし、旧字体:高濱 虛子、1874年(明治7年)2月22日 - 1959年(昭和34年)4月8日)は明治・昭和期の俳人・小説家。
本名は高浜 清(たかはま きよし、旧字体:高濱 淸)。
ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことでも知られる。
愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)に旧松山藩士・池内政忠の五男として生まれた。
9歳の時に祖母の実家、高濱家を継ぐ。
1888年(明治21年)、伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学。
1歳年上の河東碧梧桐と同級になり、彼を介して正岡子規に兄事し俳句を教わる。
1891年(明治24年)子規より虚子の号を授かる。
名前の末尾に「子」と付くため、女性に間違われやすいが男性である。
「虚子(キョシ)」の名は本名の「清(キヨシ)」に由来しているため「こ」ではなく「し」と読む。
1893年(明治26年)、碧梧桐と共に京都の第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)に進学。
この当時の虚子と碧梧桐は非常に仲が良く、寝食を共にしその下宿を「虚桐庵」と名付けるほどだった。

本名高浜清。俳人・小説家(1874-1959).松山生まれ。 正岡子規に師事し、俳誌「ホトトギス」を主宰.客観写生や花鳥諷詠を主張し、俳句の普及と後輩の育成に努めた。 写生文や小説にも長け、『鶏頭』『俳諧師』『柿二つ』などの創作がある。句集『五百句』など。 門人に山口青邨、水原秋桜子など。 (引用元 Hatena Keyword)