芸能人・経営者のおくやみ情報

孝明天皇(こうめいてんのう)

第121代天皇[日本]

(慶応2年12月25日崩御)

1867年 1月30日 死去天然痘享年37歳

孝明天皇 - ウィキペディアより引用

孝明天皇(こうめいてんのう、天保2年6月14日(1831年7月22日) - 慶応2年12月25日(1867年1月30日)は、江戸時代の第121代天皇。
在位は弘化3年2月13日(1846年3月10日)‐ 慶応2年12月25日(1867年1月30日)。
諱は統仁(おさひと)。
仁孝天皇の皇子、明治天皇の父。
生涯 天保2年6月14日(1831年7月22日)仁孝天皇の第四皇子として誕生。
煕宮(ひろのみや)と命名された。
傳役(養育係)は近衛忠煕が就いた。
天保6年6月21日(1835年7月16日)、儲君となった。
天保6年9月18日、親王宣下により統仁親王となった。
天保11年3月14日(1840年4月16日)、立太子の儀が行われ皇太子となった。
天保14年(1843年)侍講に中沼了三、門人に西郷従道、桐野利秋、川村純義、千葉貞幹、松田重助らを迎え、薩摩藩士との関わりを深める。
弘化3年1月26日(1846年2月21日)、仁孝天皇が崩御。
2月13日、践祚した。
8月29日、幕府へ海防強化及び対外情勢の報告を命じ、幕府は異国船の来航状況を報告した。

孝明天皇は、第121代天皇。諱は統仁(おさひと)。1831−1866。 父は仁孝天皇、母は新待賢門院藤原雅子。 幕末期の天皇で保守的な人物だった。倒幕派に暗殺されたとの説もある。 学習院を創立したことでも知られる。 陵は京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある後月輪東山陵。 (引用元 Hatena Keyword)