芸能人・経営者のおくやみ情報

志賀直哉 氏(しがなおや)

作家[日本]

1971年 10月21日 死去享年89歳

志賀直哉 - ウィキペディアより引用

志賀 直哉(しが なおや、1883年(明治16年)2月20日 - 1971年(昭和46年)10月21日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の小説家。
白樺派を代表する小説家のひとりで、その後の多くの日本人作家に影響を与えた。
代表作に『暗夜行路』『和解』『小僧の神様』『城の崎にて』など。
宮城県石巻市生まれ、東京府育ち。
志賀直哉の祖父・志賀直道は、旧相馬中村藩主相馬家の家令を勤め、古河財閥創始者古河市兵衛と共に足尾銅山の開発をし、相馬事件にも係わった。
二宮尊徳の門人だった。
父・直温は総武鉄道や帝国生命保険の取締役を経て、明治期の財界で重きをなした人物である。
志賀直哉は1883年(明治16年)、当時第一銀行石巻支店に勤務していた父・直温の任地である宮城県石巻市に生まれた。
2歳の時に父とともに東京に移るが、祖母・留女(るめ)に育てられる。
学習院初等科、中等科、高等科を経て、東京帝国大学文学部英文学科入学。
1908年(明治41年)ごろ、7年間師事した内村鑑三の下を去り、キリスト教から離れる。

1883年2月20日宮城県石巻町生まれ。作家。1971年没。父直温、母銀の次男として生まれる。 主著 『暗夜行路』、『小僧の神様』、『城の崎にて』、『和解』 1910年、武者小路実篤、有島武郎らと「白樺」を創刊。以降「白樺派」として戦前の小説界を牽引する。異名「小説の神様」。自らを題材に採った告白小説・私小説を中心として執筆。太宰治『如是我聞』などでの批判をのらりくらりとかわす。 (引用元 Hatena Keyword)