訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルートヴィッヒ・ボルツマンLudwig Eduard Boltzmann

物理学者[オーストリア]

1906年 9月5日 死去自殺享年63歳

ルートヴィッヒ・ボルツマン - ウィキペディアより引用
ルートヴィッヒ・エードゥアルト・ボルツマン(Ludwig Eduard Boltzmann, 1844年2月20日 - 1906年9月5日)はオーストリア・ウィーン出身の物理学者、哲学者でウィーン大学教授。
統計力学の端緒を開いた功績のほか、電磁気学、熱力学、数学の研究で知られる。
生涯 1844年、ウィーンに生まれた。
父は税務官であった。
少年時代にはアントン・ブルックナーからピアノの手ほどきを受け、生涯にわたりピアノ演奏を好んだ。
1866年にウィーン大学で学位を取得、翌年ヨーゼフ・シュテファンの助手となり、1869年にグラーツ大学の数理物理学助教授に就任した。
ジェームズ・クラーク・マクスウェルらに続いて気体分子運動論を研究し、さらに分子の力学的解析から熱力学的な性質を説明する統計力学を創始した。
その過程で、1872年にH定理により熱現象の不可逆性(エントロピーの増大)を証明した (L. Boltzmann: Wien Ber. 66, 275 (1872))。
題名
ミドルワールド 動き続ける物質と生命の起原
著者
マーク・ホウ
発売元
紀伊國屋書店
発売日
2009-12-03
新品価格
¥ 14,200 より
中古商品
¥ 2,222 より

↑ PAGE TOP