訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

織田信忠(おだのぶただ)

戦国大名[日本]
(天正10年6月2日没)
(グレゴリオ暦) 1582年 7月1日 死去自刃享年26歳
織田信忠 - ウィキペディアより引用
織田 信忠(おだ のぶただ)は、安土桃山時代の武将・大名。
織田信長の嫡男で、信長の生前に家督を譲られた。
生涯 少年期 弘治元年(1555年)から同3年(1557年)間に、織田信長の長男(信正が実在すれば次男)として尾張国で生まれる。
実母は生駒吉乃(久庵慶珠)。
乳母は慈徳院。
なお濃姫が織田信忠を養子としたという説もある(勢州軍記)。
幼名は奇妙丸。
元服してはじめ勘九郎信重(のぶしげ)を名乗り、のちに信忠と改める。
永禄年間に織田氏は美濃国において甲斐国の武田領国と接し、東美濃国衆・遠山直廉の娘が信長の養女となり、武田信玄の世子である諏訪勝頼の正室となって、婚姻同盟が成立していた。
『甲陽軍鑑』に拠れば永禄10年(1567年)11月に勝頼夫人が死去し、武田との同盟関係の補強として信忠と信玄五女・松姫と婚約が成立したという。
武田・織田間は友好的関係を保ち続けていたが、永禄年間に武田氏は織田氏の同盟国である徳川家康の領国にあたる三河・遠江方面への侵攻を開始し、元亀3年(1572年)に信玄は信長と敵対した将軍・足利義昭の信長包囲網に呼応して織田領への侵攻を開始し(西上作戦)、これにより武田・織田間は手切となり、松姫との婚約は事実上解消されている。
題名
織田信忠 「本能寺の変」に散った信長の嫡男 (PHP文庫)
著者
近衛龍春
発売元
PHP研究所
発売日
2004-02-03
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
織田信忠―父は信長 (人物文庫)
著者
新井政美
発売元
学陽書房
発売日
2010-03
新品価格
より
中古商品
¥ 300 より
題名
<織田信長と戦国時代>父の背を追い戦場へ 覇王の後継者織田信忠 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
谷口克広
発売元
学研プラス
発売日
2014-12-12
新品価格
より
中古商品
より
題名
天正10年の史料だけが証す本能寺の変の真実: << 罪なき光秀、435年目の明智光秀冤罪論 / 嫡男信忠と織田家臣団の謀反崩れだった / キリシタン高山右近が首謀者!? / 魔王織田信長の死の謎を完全解明! / 変当日朝の出来事経過を15分毎に、1月前からの出来事経過を日毎に復元 / 天正10年の日記類を含む一次史料及び準一次史料だけを用いて >>
著者
発売元
斎藤 忠
発売日
2016-12-17
新品価格
より
中古商品
より
題名
<織田信忠と神戸信孝>憤死!覇王の継承者/潰えた「四国管領」の夢 (歴史群像デジタルアーカイブス)
著者
桐野作人
発売元
学研プラス
発売日
2014-09-24
新品価格
より
中古商品
より
題名
英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田信忠 (カドカワ・ミニッツブック)
著者
井沢元彦
発売元
KADOKAWA / 角川学芸出版
発売日
2013-11-15
新品価格
より
中古商品
より
題名
覇 前田戦記〈1〉織田信忠死せず (学研M文庫)
著者
神宮寺元
発売元
学習研究社
発売日
2002-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
題名
歴史雑学BOOK 図解 戦国大名格付け 織田・豊臣・徳川軍団編 (ローレンスムック 歴史雑学BOOK)
著者
発売元
綜合図書
発売日
2009-01-30
新品価格
より
中古商品
¥ 33 より
題名
英傑の日本史 激闘織田軍団編 織田秀信・織田秀勝・織田有楽斎 (カドカワ・ミニッツブック)
著者
井沢元彦
発売元
KADOKAWA / 角川学芸出版
発売日
2013-11-15
新品価格
より
中古商品
より
題名
戦国群雄伝〈4〉傀儡・織田信長復活 (歴史群像新書)
著者
神宮寺元
発売元
学習研究社
発売日
2001-04
新品価格
より
中古商品
¥ 100 より

↑ PAGE TOP